麦畑飛魚の日記

麦畑飛魚(むぎばたけとびうお)の日記です。

2009年11月

ぐらうぐらう。

仕事帰宅。

本読んだり。

最近読んだ本
「さまよう刃」東野圭吾

職場の人から
借りて読んだ。

うーむ。
暗い話であった。

しかし
なるほど
エンターテーメント小説とは
このようなことか。
と思うところもあった。

人生のこう
ギュイーンとスピードが
あがった瞬間を描写する
という。

Aという事件
ちょっと普通起こらないような事件が
起きて
そしてBという事件につながっていく。
息つく暇もなく
Cという登場人物と
Dという登場人物が出てきて
発展し
収束に向かう。
そしてラスト。
作者なりの切り上げ方をする。

詩や純文学と
違う点は
おそらく

たとえばここに
一つのりんごがあるとする。

りんごが
爆発してまず食べようとした
人間の頭が吹っ飛ぶ描写から始めて
探偵のやつが
たばこをさかさまに持って考え事を
している隣に犬。
雑種の犬と。
その友達。
その友達が
ははーんこいつ
今考えごとをしているな。
なにせこいつは
考えごとをするとき
かならずタバコを反対に持つからだ。
そして
何かがひらめいた際には
どこからともなく
フリスビーをとりだし。
真上というか
若干右ななめ上にぶん投げる。
そして犬にとってこさせる。
そのときのキメ台詞はこうだ
「へい!ワンちゃん。とってくるんだ!」
そうなったらもう犯人は捕まったも同然さ。

これがエンターテイメント小説ね。


ここにりんごがある。
僕は28歳で
8月生まれだ。
隣にねこ。
夕暮れの柿の木に
あの子のスカート模様を
思い浮かべて
すべすべの太陽に突入するところ。
コタツは赤。
湯気は白
ほっぺはピンク。
ああ
君はどこで何をしているのだろうか。
11月。
暮れてゆく秋に
劈く空気とサツマイモの空。
りんごを見つめ
冬を待つ。

雪の空を想像し
受話器をひたすらにぎりしめている。

りんごまだ
食べたりず。

こっちが
詩で
話がどこにも行ってない感じ。

まぁ
良いのだけれど。

寝よう。
おやすみなさい。

スタジオ入る。

ピアニストの
サニー氏と一緒に
スタジオ入る。

2時間で
5曲ほど練習。

面白かった。
ほんと
面白い。

その後
ケータの30歳の誕生日を
祝いに
びー玉へ。

わいわいと
過ごす。

サニー氏と
練習したばっかりの
曲をやってみた。

楽しかった。

帰宅。
眠ります。

おやすみなさい。

おっと
最近読んだ本
「昭和史 戦後篇1945-1989」半藤一利

拝島。

宮国氏の
30歳の誕生日を
祝いに
拝島ジンハウスへ。

いろいろと
おもしろかった。

いろんな人と
話ができてよかった。

うーむ。
セッション

金髪のドラムの人
うまいなー。

おもってたら

天国は
あの
めちゃんこ上手なピアニストの人

金髪の方と
そんで
スキャットの天才
宮国氏で

やっているらしい。
おー。
なんという。

強烈なバンドなのだ。

というか
他に出てる
演奏者も
すごかったなみんな。なんか。

絵を描く人がいて
その人
音楽を聴いて即興で絵を描くというの
やっていて。
それもなんかよかったし。

なつかしい
人にも会えたし。
いやぁ。
楽しかった。

帰宅。
寝ます。
おやすみなさいまし。

すすす。

仕事。帰宅。
ぐーぐー。
眠って起きていま。
通勤中。

ではまた。

ライブ。

ライブでした。

お客さんも来てくれたし
楽しかった。

セットリスト
1.夜の階段
2.みせかけロボの歌
3.グルーグルー
4.夏の一日
5.風航路
6.三日月の夜に会いましょう
7.クレヨンくれないか(ゲストにケーナ氏を迎えて)
8.ユッタリユタリ
9.花火

以上

とりあえず
クレヨンくれないかを
1オクターブ上で
ケーナ氏に歌ってもらった。

というか
八王子には
ケーシ氏と
ケーナ氏と
ケータ氏がいて
わかりにくいな
若干。

全員キャラは違うのだけれど。
名前が似ている。

まぁ
いいや。

寝よう。
おやすみなさい。

なんやかんやで昼。

仕事
終わって。

パパビートに
ライブを
見に行く。

出演者に
知ってる人が多くて
おもしろかったな。
帰宅。

眠って起きて
今。
昼。

ライブがありますよ。
ぜひともお越しくださいまし。

日:2009年11月26日(木) 
時間:オープン 18:00/スタート 19:00
場所:八王子パパビート
料金:1500円(ドリンク込)
出演:麦畑飛魚、他
※麦畑飛魚の出演時間は21時〜です

ではではまた。

おおっとそういや
こないだの
びー玉でのライブ映像を
ユーチューブにアップロードしましたので
よかったら見てやってくださいまし。

ライブ見る。

中村ケーシ氏と秋山君の2マンライブを見た。

とても楽しかった。
いろいろ話をしたり。

帰宅。
眠ります。
おやすみなさいまし。

ぐいぐい。

仕事
帰宅
仕事中。

ではまた。

目黒。

白井幹夫さんや
ケーナさんのライブを見に
目黒の
VERGE
というライブバーへ。

いやぁ
面白かったな。

なんか一曲歌いませんか
といったような
流れになり。

ケーナさんのギターを借りて
風航路歌わせてもらった。

ありがたいことである。
八王子まで
車に乗せてもらった。
さらに
ラーメンごちそうに
になったりで。
わいわいと
楽しい日であった。

帰宅。
眠ります
おやすみなさい。

わたたわ。

仕事終わってから
三鷹駅ではなのうず氏と
合流。

国分寺駅で
なんとなし
路上ライブを
行ってみる。

わーわーとなって
楽しかった。

途中
はなのうず氏の
CD聞きましたよ。

違うアルバム
ないのですか?
というお客さんが
来たりしたな。

そしてCDを買っていった。

うーむ。
これはすごい。

帰宅。

眠って起きて
今。

昼。
やるべきことを
やろう。

ではまた。
Archives
記事検索
プロフィール

麦畑飛魚(むぎばたけとびうお)

文章を書くことと歌をうたうことが好きです。お問い合わせはmugitobi@gmail.comまでお願いします。

ツイッター
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: