麦畑飛魚の日記

麦畑飛魚(むぎばたけとびうお)の日記です。

2007年03月

地味に。

思うことはあれど

なかなか

眠りたい
という
気持ち。

寝る。

おやすみなさい。

なあ。

バイト後。
昭島のメンバーと
飲む。話す。

おもしろかった。

越智氏の家に
泊めてもらったりで
帰宅。

眠る。
おやすみなさい。

ぐらり。

村上龍を
少し読んだ。

すごく
おもしろそうな
話しがあり
本屋へ
行ったがおいてなかった。
しかし
なるほど
エンターテイメント小説。
すぐ
学校がのっとられる
なあ。

まあ続きは
本屋行って
買って帰って読もう。

ではまた。

ゆたり。

バイト。
眠る。

日野の現場が終わったので今日から
あっちこっちである。

ゆたり。
ゆたり。

ではまた。

とにかく。

はい
どうも。
麦畑です。

なにか
いろんなことが
渦をまく

今日。
このごろ。

実家というのは
感傷だ。

と感じ。
ぐぐぐ。

東京のヒリヒリした感じのほうが
*まぁ正確には
そのことも明日になれば感じなくなるほどの微妙なものであるが。
フェアであり
よくできた天秤であり
より孤独であり
よりやりがいであるように感じた。

実家。
実家や広島を愛しすぎてしまっている。
だって
あんなに
泣かんもん。
誰が結婚しようと
たぶん。

小学校から一緒で
岡山でも
一緒で
一回もへこたれたとこを
見たことがなかったやつが
最後のスピーチで
言葉につまって。
「いや・・・

・・・

うれしいです。」

とかなんか
言って。

俺それで
ぐああああああっと
泣いた。

泣きまくった。
柄にもなく。

友達の中
紛れ込んで
ぐぬぬ。

ああ
愉快。
だからこそ。

自分で
自分の経済を支え
歩くも
走るも
自分で
なんとかし。

寝るか
コーヒー飲んでがんばるか。
その日、その日を判断し。
そして
誰かを好きになって
いきたい。

だからこそ。

ここにいたい。

そのような
ことを
思ったよ。

逆に言えば
そのようなことを
思わすのに
十分な町だよ。
広島と
その人たち。

ああああ。


ぐ。ぐ。
ぐ。

いやぁ。
マジで久しぶりに感傷日記になってしまいましたなぁ。

まぁ。
いいや。

だからね。
いちいち
正月
盆。
帰らないよ。
俺。

嫌いなんじゃないよ。
むしろ
アレだよ。

どこいったって変わらない
俺だけの普遍。
つまり
可変なる普遍。
探す旅に出ているんだ。
ぜ。

家族の皆さん
広島の人たち
愛しているぜ。

それだけ。
それだけです。

寝ます。
おやすみなさい。

俺の人生は。

今度はちゃんと乗れた。

バス。

いろんな人たちと出会えた。
うれしかった。

久しぶりに
家の
カレーを食った。

昨日の結婚式。
その二次会、三次会でワイワイしたこと。

楽しかった。

広島弁。

21頃まで
育ててくれた街よ。

ああ
しばしの別れである。

さようならを。

言うのが寂しいならば
ちょっと
そこまで行くだけさと言ってやればいい。

旅路。

ありがとうございます。
感謝してます。
ありがとうございます。

眠る。

おやすみなさい。

式。

友人の結婚式で。
号泣してしまった。

うーん。
感動的ですな。

うた。
はまずまず
歌えたと
思う。

自分としては。

何はともあれ
H氏、Tさん
結婚おめでとう。

これからも
お幸せに。

そして
これからもよろしく。

ではまた。

実家。

キャベツ
やら
なんやら
入ったスープを飲んだ。

とにかく、
うた
を何とか。

眠い。
明日もはやい。

寝るとしよう。

5分間に合わなかった。

バスが行ってしまった。
バイト帰り。
一瞬で用意すればよかったのだ。
だが
連日の疲れもあり
ぐだぁ。

なってしまった。

ウカツであった。

何度も書くが
バイトの終わった時間が
まずかったのではない。

帰って
すぐ用意して
行けばよかった。

気付いたら
すごい時間になっていた。
風呂など
入らなくてよかったのだ
歯など磨かなくとも。

どこに行くというのだ
長年慣れ親しんだ
実家に帰るだけではないか。
よぎったが
いや
大人のたしなみとして
風呂重要じゃね?

歯磨いた方がよくね?
ということになり
合わせて15〜20分を
費やしてしまった。

これが
最終的に引き金となり。
東京駅に到着したのが
21時4分頃で

バス停に着いたの
6分頃であったが

無常にもバスは出た後であった。

ぐぐぐ。

今東京駅。

このまま八王子まで
帰るのも

どらららら。
なので。

とりあえず、
名古屋まで行くことにした。

レッツゴー名古屋。

では
また。

お休みなさいまし。

というか
マジで
風呂なんか
実家帰ってからでよかったと思う。今日この頃。

では。

とにかく。

とにかく、
明日帰らなければならない。
広島に。
バイト後に
すぐ東京駅行って
高速バスに飛び乗らないといけない。

ぐぐぐ。
時間がないぜ。

実際。

だいたいにおいて
出発する日ぐらいは
バイトを休めばよかったのかもしれないが。
金銭的問題もあり、
というかそれ。
そうもいっておれないのである。

だので
今日もバイトから帰って仮眠をとった後、

ひたすら
曲作りに励んでおったのだ3時間ほどしか寝てないので
しかしながら
さすがに眠たくなってきた。
ぐぐぅ。

寝よ。
おやすみなさいまし。
Archives
記事検索
プロフィール

麦畑飛魚(むぎばたけとびうお)

文章を書くことと歌をうたうことが好きです。お問い合わせはmugitobi@gmail.comまでお願いします。

ツイッター
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: